飲むヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、年齢と共に減少していき、成人を過ぎると、胎児と比較して4分の1程度にまで減ってしまいます。

また、ヒアルロン酸は、普段の食事からでは、なかなか摂取することが困難です。

そして、成人は、非常にヒアルロン酸の代謝が速いので、ヒアルロン酸の量を十分保持するのが難しいそうです。

そのため、日常的に、サプリメントなどの「飲むヒアルロン酸」を摂取することで、不足している分を補給しましょう。
 
赤ちゃんの肌には、ヒアルロン酸がとても多く含まれています。

ヒアルロン酸が与える効果は、潤いを肌表面の角質層に与えて、真皮の水分を維持し、なめらかな肌にします。

また、乾燥肌で悩んでいる人は、ヒアルロン酸を摂取することを心がければ、赤ちゃんのようなみずみずしくハリのある肌を手に入れることができます。
 
ヒアルロン酸は、眼の中にある硝子体にも含まれているので、ヒアルロン酸を飲んで摂取することは、ドライアイを改善させる効果もあります。

また、脳にも多くのヒアルロン酸が含まれており、加齢によって少しずつ破壊されたり、萎縮したりした脳と骨との間を埋めています。
 
さらに、女性の卵巣にも、多くのヒアルロン酸が含まれているので、生理痛に悩んでいる人にも効果があります。

また、ヒアルロン酸の不足によって、動脈硬化が起こることもあることから、ヒアルロン酸を摂取して、血管も健康な状態に保ちましょう。

そして、加齢によって起こるさまざまな病気や障害などから逃れるためにも、ヒアルロン酸の摂取を心がけましょう。

ヒアルロン酸と加齢

ヒアルロン酸は、保水力に優れていますが、加齢と共に体の中から減少していってしまいます。

そのため、年を取ると、皮膚の潤いやハリがなくなってくるのです。

そこで、効果的にヒアルロン酸を摂取し、補給することで、皮膚の保湿力をアップさせる必要があります。

そうすることで、潤いとハリのあるみずみずしい美肌を実現させることができるのです。


ヒアルロン酸が不足すると、肌の保湿性や弾力性、潤いが失われてしまい、たるみやシワ、シミを生成させる原因になってしまいます。

また、腰痛や関節痛、老眼などの症状が表れることがあります。

これらの症状が現れる部分は、ヒアルロン酸の量がもともと多く存在しています。

そのため、加齢によって減少したヒアルロン酸の分は、サプリメントを摂取するなど、外から補給する必要があるのです。
 
ヒアルロン酸は、生体の細胞間をつなげることで、一つ一つの機能をスムーズに働かせる役目を果たします。

そして、肌の潤いやハリを維持する効果があります。

また、美容効果だけでなく、腰痛や関節痛を予防する効果も期待できます。
 
体内に存在するヒアルロン酸は、年を取ると共に減少し、40代以降になると急激に減少してきます。
 
そこで、ヒアルロン酸を外から摂取することで、この原因が緩和されます。

そのため、ヒアルロン酸は、美容と健康に広く活用されており、女性から注目を浴びるようになりました。
 
また、ヒアルロン酸が多く含まれている食材は、豚足や鶏肉の皮などで、普段使用する食材にはあまり含まれていません。

そこで、サプリメントなどからヒアルロン酸を摂取するのがおすすめです。

ヒアルロン酸とコラーゲン

乾燥肌を予防したり改善させたりするには、ヒアルロン酸とコラーゲンが重要となります。

いつまでも若々しい肌を保つためには、保湿力に優れたヒアルロン酸と、キメ細かい肌を作るコラーゲンが、大切な役割を果たします。
 
コラーゲンとは、皮膚の70%を占めているタンパク質の一種で、ハリのある肌を維持するための重要な成分です。

また、ヒアルロン酸は、間接や血管、骨にも多く含まれており、コラーゲンと同様に身体のそれぞれの部位で重要な働きをしています。
 
ヒアルロン酸とコラーゲンの生成は加齢と共に減少し、皮膚が乾燥する原因となります。
また、ヒアルロン酸やコラーゲンは、食事などからでは、充分に摂取することはなかなか難しいです。

そのため、加齢による肌の変化を感じたら、サプリメントなどによって補給して、ハリのあるみずみずしい肌を保つことが大切です。

肌は何種類もの線維が織り重なっています。

そして肌の約70%は、コラーゲン線維が占めており、そのおかげで肌のハリを保持することができるのです。

そして、コラーゲン線維の間にあるヒアルロン酸の保水力によって、肌の潤いを保持するのです。

また、ヒアルロン酸と同じように、コラーゲンも加齢と共に減少するので、積極的に摂取するように心がけましょう。
 
ヒアルロン酸やコラーゲンは、乾燥肌の予防と改善に必要不可欠ですが、ほかにもビタミン類を摂ることも重要です。

ビタミンは、肌の新陳代謝を活発に促しますが、特にビタミンCにおいては、コラーゲンを生成する上で欠かせないビタミン類です。

野菜や果物などからビタミン類を摂るのが難しい場合は、サプリメントによって摂取すると良いでしょう。

ヒアルロン酸 注射 のメリットとデメリット

ヒアルロン酸注射や注入によって、美容整形を受ける一番のメリットは、手軽に短時間で美容整形を受けることができることです。

ヒアルロン酸注射は、プチ整形と呼ばれることからも、気になる部分の治療を短時間で受けることができ、大々的な手術を行なう必要もないので、痛みや傷跡の心配もありません。
 
また、これまで手術を受ける必要のあった美容整形においても、ヒアルロン酸を注入するだけで、短時間で手間もかけず、比較的安く行うことができるようになりました。

さらに、ヒアルロン酸とは、体内にもともとある物質であることから、安全面の心配もいりません。

シワやたるみを目立たなくするような、アンチエイジング効果を望む人や、豊胸や美しい胸を目指したい人は、ヒアルロン酸注射によるプチ整形を受けると良いでしょう。

ただし、ヒアルロン酸注射にもデメリットがあります。

ヒアルロン酸は、注射や注入しても、少しずつ体内に吸収されていってしまいます。

そのために、医学的に、ヒアルロン酸効果は、1年程度と言われています。

また、ヒアルロン酸を注入した箇所や治療の種類によっては、数ヶ月で体内に吸収され、効果が低下してしまうこともあります。
 
結婚式のために美しくなりたい、夏に水着を着るためにきれいな体型になりたい、など期間限定でプチ整形を行なうのであれば問題はありません。

しかし、長期間、ヒアルロン酸効果を維持したい場合は、ヒアルロン酸注射を定期的に行なう必要があるのです。

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

美容整形では、ヒアルロン酸とコラーゲンを注入する治療が行なわれていますが、その違いは何なのでしょう。

コラーゲンは、美容整形においてヒアルロン酸と同じような効果があるとされていますが、それぞれに特徴があります。
 
ヒアルロン酸もコラーゲンも、手軽に美容整形を受けることができます。

また、これらを注射したり注入したりすることによって、体の中に取り入れるという点は同じです。

では、ヒアルロン酸もコラーゲンには、どのような違いがあるのでしょうか。
 
ヒアルロン酸を注入した場合のメリットは、通常、ヒアルロン酸の方が、コラーゲンよりも持続時間が長いことです。

また、コラーゲンは柔らかく、鼻を高くしたい場合など、ある程度の固さが必要となる美容整形には不向きですが、ヒアルロン酸を使用すればそのような整形も可能です。

さらに、コラーゲンを使用する場合は、事前にアレルギー反応の検査をする必要がありますが、ヒアルロン酸では、アレルギー反応がほとんど起こりません。
 
コラーゲンを注入した場合のメリットとしては、コラーゲンは柔らかいので、周りの組織になじみやすいことです。

また、ほとんど痛みが現れることがありませんし、費用も比較的に安いです。
 
コラーゲンとヒアルロン酸とでは、効果が同じように思われますが、実際の美容整形では、治療する部位や症状によって使い分けられています。

美容整形を受けるときに、もし、気になる事がある場合は、事前に医師に相談してください。

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は、化粧品や医薬品、そして食品などにも使用されている成分なので、意外と身近に存在するものなのです。

とくに、化粧品と医薬品においては、保水性だけではなく、ヒアルロン酸のもつ特性が活用されています。
 
赤ちゃんの肌は、とてもみずみずしくてハリがありますよね。

それは、ヒアルロン酸が多く含まれているからなのです。

優れた保水力をもつヒアルロン酸は、皮膚に潤いを与えるために、化粧水や入浴剤、スキンクリームなどに使用されています。

また、洗眼液や洗口液にも使用されています。
 
医薬品には、高純度のヒアルロン酸が使用されています。

ヒアルロン酸のさまざまな特性を活かして、眼科手術補助剤や点眼剤、関節機能改善剤など使用されています。
 
私たちの体内にも、ヒアルロン酸は広く存在しています。

部位によってその濃度は異なりますが、特に皮膚やへその緒、目の中の硝子体、関節液などで、濃度が高くなっています。
 
皮膚は表皮、真皮、脂肪層の3つの層に分かれていますが、その表皮の下にある真皮は、厚みが表皮の約10倍あり、多くのヒアルロン酸を含んでいて、肌が乾燥しないように働いています。
 
目の中の硝子体は、眼球の水晶体後方にある透明なゼリー状の組織で、たくさんのヒアルロン酸が含まれており、眼球を丸い状態に保つ働きをしています
 
また、関節内の関節液には、たくさんのヒアルロン酸が含まれていて、関節の動きをスムーズにするに働きをしています。
 

飲むヒアルロン酸の効果的な摂取方法

ヒアルロン酸は、年齢と共に減少してしまいますが、普通の食事からはなかなかヒアルロン酸を摂取することが難しいです。

それに、ヒアルロン酸の代謝はとても早いため、十分な量のヒアルロン酸を保持していくことは、かなり困難といわれています。

そこで、サプリメントなどの「飲むヒアルロン酸」を日常的に摂取して、不足している分を補給することがおすすめです。
 
飲むヒアルロン酸は、肌が生まれ変わるサイクルに合わせて飲むと効果的です。

そのため、夜寝る前に摂取すると、ヒアルロン酸をより吸収することができるでしょう。

就寝前に飲み続けることで、朝起きたとき、肌がもちもちでふっくらとした感触になった、という感想も実際に多くあります。
 
肌を若返らせたり、乾燥を改善したりしたい場合には、肌のサイクルや飲む時間帯を考慮することも大切です。

たとえば、夜22時〜26時の間に飲むヒアルロン酸を摂取すると、体内に上手くヒアルロン酸が吸収されるそうです。
 
飲むヒアルロン酸の飲み方は、製品や種類によって違ってきますが、ほとんどが1日に3粒〜4粒飲むのが効果的だと表記されています。

まずは、飲むヒアルロン酸の効果が現れるまで、4粒から試してみましょう。

その効果が実感できたら、4粒、3粒、2粒と徐々に減らしていっても良いと思います。

もし、飲むヒアルロン酸を長い間飲んでいても、ほとんど効果が現れなかったり、体質に合わないと感じたりした場合は、摂取することをやめて、専門医などへ相談してみましょう。

ヒアルロン酸コラーゲン 人気の秘密

キューサイの「ヒアルロン酸コラーゲン」は、細かく分子をカットした「コラーゲンペプチド」と、純度の高いヒアルロン酸を使用しています。

また、脂肪分ゼロなので、気にせずに安心して飲むことができます。
 
コラーゲンは、紫外線やストレスなど日常生活の中でも失われるそうです。

また、加齢によって、コラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチンは、どんどん減少していきます。
そのため、失われた分を補給する必要があるのです。
 
キューサイは、加齢によって失われるこれらの成分を、同時に摂取できるようにしました。
「ヒアルロン酸コラーゲン」は、毎日飲むことができるように、余分な添加物は一切加えていません。

また、粉末タイプなので、ジュースやドレッシングなど、自分の好きな食べ物や飲み物に混ぜて摂取することができ、とても手軽で毎日続けられます。


「コラーゲンペプチド」を使用しているので、抜群の吸収力です。

コラーゲンは、力の衝撃を吸収するクッションとして働くので、いつも体を軽やかにしてくれます。
それに加え、肌の水分を保持する働きもするので、弾力性とハリのある肌にしてくれます。
 
また、高純度のヒアルロン酸を使用しているので、潤滑油として働き、十分に水分を保持することができます。

ヒアルロン酸は、保水や保湿するためには、とても重要な成分なのです。

さらに、とくに年齢と共に減少してくるのが、コンドロイチンです。
「ヒアルロン酸コラーゲン」には、コンドロイチン硫酸Aを多く含む豚を使用しているので、保水力と弾力性に大変優れています。

キューサイの「ヒアルロン酸コラーゲン」は、これらの肌に大切な3大成分を、たったの1杯だけで摂取することができるのです。

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、体内の細胞を潤し、細胞内の奥まで、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養素を浸透させます。

そして、肌をなめらかで美しい状態に整えて、体質を改善させる役割を果たしています。
 
人間の体は70%が水分で、60兆ある細胞の隙間を、ムコ多糖というネバネバの物質が埋めています。

その中でもヒアルロン酸ムコ多糖は、保水力が非常に優れており、体内に水分を保ち形成しています。
 
タンパク質の一種であるコラーゲンは皮膚にハリを与え、ヒアルロン酸は皮膚に潤いを与えます。

ヒアルロン酸が不足すると、人間の皮膚はカサカサになってきます。

また、皮膚の弾力もなくなり、シワが出てきます。
 
ヒアルロン酸には美容以外の効果もあります。

ヒアルロン酸には、更年期障害を改善させたり、卵巣の働きを助けたりするといった効果もあります。

また、生理痛を緩和したり、性器の老化症を改善したりする効果もあります。
 
老化に伴って、動脈硬化が促進されますが、ヒアルロン酸は、その動脈硬化を改善させる働きをします。

さらには、血管の老化を防いだり、骨粗鬆症を予防したりします。

身体の老化を促したり、生活習慣病などを引き起こしたりする「活性酸素」を取り除く効果もあることがわかっています。
 
また、ヒアルロン酸は、β-カロチンの協力により、紫外線をカットする働きをするので、シミやそばかすの生成を防ぎます。

このように、ヒアルロン酸は、女性にとってなくてはならに存在なのです。

ヒアルロン酸の種類

ヒアルロン酸は、主にその分子の大きさによって分類することができます。

美容整形外科クリニックで、ヒアルロン酸を注射したり注入したりする場合は、体の部位やその状態によって、ヒアルロン酸分子の大きさを変えて、注射や注入しています。
 
ヒアルロン酸は、分子の量が小さいほどより早く吸収でき、大きいほど体内に残ることができる、という性質をもっています。

そこで、美容整形では、うまくその性質を利用して、ヒアルロン酸注射や注入を行なっています。
 
それでは、美容整形で使用されている、分子量が異なる3種類のヒアルロン酸を紹介します。

「バーレーン」は、粒子が大きく、注射や注入する箇所は、鼻唇孔のシワ、頬、こめかみです。

「レスチレン」は、粒子が比較的小さく、目の下のくぼみや額に注射や注入します。

「レスチレンファインライン」は、粒子が最も小さく、目の周りにある小ジワに注射や注入します。
 
また、ヒアルロン酸は、人工ヒアルロン酸と天然ヒアルロン酸という2種類に分類されます。

人工ヒアルロン酸は、ストレプトコッカスや乳酸菌などによるバイオ製法で作り出され、天然ヒアルロン酸は鶏のトサカなどから抽出します。

主流になっているヒアルロン酸は、バイオ製法によるものがほとんどです。

やはりその理由は、安価で大量に作り出すことができるからです。

また、美容整形でシワやたるみに対して行なうヒアルロン酸注射や注入では、加齢のために保水力が低下した肌に、ヒアルロン酸を補給することで、保水力を向上させ、効果的に若返りを実現させることができます。

テクノラティプロフィール